社会福祉法人 渡保育園 子どもたちをまんなかに
園の紹介 園の特色 園の生活 保育サービス 絵本館へようこそ おいしんぼ お知らせ お問い合わせ ふくろう園長のひとりごと
絵本館へようこそ
2001年11月に誕生した、渡保育園の絵本館。
設計士の方と、建設業者と職員で何度も話し合って“形”になった絵本館。
みんなの思いがたくさんつまった“絵本館”は、今や、子どもたちにとって、なくてはならない空間になっています。
“絵本館”を覗いてみましょう。

やさしいカーブの屋根にシラス状の造り窓になっています。こどもたちの“手”をひろげた “希望”のイメージです。  大きなガラスから光が部屋いっぱいに差しこみ、そのガラスから見える青空や木の葉は、ホッと安らぐ心の空間を与えます。 
   
玄関までのスロープは、りんごが少しづつ食べられていく様子をタイルで表現。玄関をあけると、こどもたちにはすぐわかる“エリックカール”の世界へと導かれます。  山上家具のご主人につくっていただいた“絵本館”のプレート。あぞびごころいっぱいのプレートです。 

    
     あそびごころいっぱいの絵本館。
こどもたちが大好きな絵本館。
世界にたったひとつの絵本館。
いつでも開放していますので、あそびにこられませんか?

                                  
                ♪おすすめ絵本♪

 おすすめ絵本を3冊をご紹介します。
ほかにもたくさんの絵本が、絵本館や玄関ホールにおいてあります!!
  
 『でんでんのぼうしやさん』  
教育画劇
 
                  
                 藤本ともひこ 作・絵
 

 かたつむりの「でんでん」は帽子屋さんです。
 いろんな虫たちが、帽子を買いにやってきます。今日も、バッタさんやトンボさんやいろんな虫たちがお客さんでやってきて帽子を買いに来たのですが、もう帽子がありません。さあ、でんでんは、どうするのでしょうか・・・?
 ダイナミックでカラフルな絵がとっても楽しい絵本です。
 
 『おとうさんとさんぽ』
     教育画劇 

            
        にしかわ おさむ 文・絵

 「ぼく」がおとうさんと森へ散歩に行くお話です。散歩の途中では、大きな犬に出会ったり、スカンクとうさぎのバトルを見たり2人でワクワクの時を過ごします。もっと歩いていくと、今度は道の真ん中でくまが、何かフライパンで焼いていました・・・。一体何を焼いているかというと・・・それは、絵本を見てのお楽しみです!お父さんと一緒に読むと、より一層楽しめる絵本ですよ。

 『もったいないばあさん まほうのくにへ』 
                         <講談社

                  真珠まりこ 作・絵
 
 おなじみ「もったいないばあさん」のシリーズの一冊です。魔法の国にやってきたもったいないばあさん。
 どんな魔法の国かというと、捨ててある新聞紙の束が、魔法使いのマジマジさんの手にかかると、あららなんと不思議、新しい紙に早変わり!他にも、ペットボトルや空き缶など、マジマジさんの魔法でいろんなものに変身します!ゴミと思っても、リサイクルすると、いろんな新しいものができるのですよね!絵本の巻末に「マジマジさんのまほうマジック」でいろんなマジックの仕方が載せてあります。そして、それに使う「もったいないばあさんとマジマジさんオリジナルトランプ」もついていま〜す!「1冊で2度美味しい」絵本です。
トップページへ